ローベッドの特徴と重要ポイント

ローベッドは、マットレスおよび床の高さがオーソドックスなベッドより低いアピールポイントがあります。
そのメリットに近いものがあるベッドでフロアベッドというものがあります。
フロアベッドとローベッドは双方床の高さが高くないということは一致していますので、一括りにされるケースも少なくありません。
異なる部分は、フロアベッドはフレーム全てが床に対して設置しており、これに対してローベッドは、フレームではなく、足のみが設置しているわけです。
そして、高さが押さえられているので、その部屋がさっぱりしてワイドに見受けられることが魅力になります。
ベッドについては、非常に大きな家財道具なので、その高い位置によって重圧感を感じます。
低いと重圧感を感じず部屋についても大き目に映ることになりますので、配置がし易いと言えます。
それに加えて、ローベッドのアピールポイントの1つが、洗練されたデザイン性のものが多いことといえます。

Copyright© ローベッド All Rights Reserved.