知っておきたいローベッドの持ち味

普通のベッドについては、床サイドから底板に至るまでの高さが、ほとんどのケースで30cmぐらいになりますが、それ以下の高さというレベルのものが、ローベッドということになります。
それからマットレスであったり敷布団が並べられますので、実際的な就寝する時の高さはあと少し高まりますが、そうは言っても通常のベッドより低いことが、ローベッドの持ち味と言えます。
あらためていうまでもなくベッドの下側の収納は望めませんので、原則的には就寝する所としての機能だけと言えます。
アピールポイントとして、当然外見になります。
ベッドはサイズから部屋のムードを表現しがちですが、あっさりしているので別に目立たせたいインテリア装飾を損なわせません。
重圧感が無いからワンルームにおいても奨励できます。
また、高さが見られない分だけ分厚いマットレスを採用する事が可能です。
普通のベッドになると厚みのあるマットレスを活用すると不恰好ですが、ローベッドでしたら最適です。

Copyright© ローベッド All Rights Reserved.